Ganblo

放送作家ganのphotoブログ(ガンブロ)
<< 好みの違い | main | 微妙 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20世紀少年

「20世紀少年」を観に行くと、
映画館の半分は、親に連れられてきた21世紀少年達。
映画を終わって周りを見渡すと、案の定のポカン顔。
そりゃそうだろう、映画にも原作にも、
20世紀少年(40代以上)にしかわららない、
暗号が多数ちりばめられているからだ。
原作の方に書かれていた、秘密基地へ出入りする時の暗号

ヨキスガタナア
レソイカトンホ
ヨモクボ

この暗号を聞いて、何かスグにわかるだろうか?

これは文字を反対から読むと
アナタガスキヨ
ホントカイソレ
ボクモヨ
となる。

でもコレでは暗号を解いたことにはならない。
本当の暗号はその先にある。

実はコレ、ゲロゲーロでおなじみ、漫才の青空球児・好児の持ちネタ
「逆さメロドラマ」の一説だ。
ヨモクボという言葉から、何だっけそれ?という疑問がわき
青空球児・好児を思い出した時に、笑いがこみ上げてくる。
しかも当時「僕も」という意味で「ヨモクボ」を使った事のある
ガキたちも多いはずだ。
そう、俺たちは「ヨモクボ」を知っている「ともだち」なのだ。

映画の中、子供の頃のケンジ達が、
鼻水タオルのドンキーに追いかけられて、必死でこいでる自転車。
40代にとっては懐かしの品、フラッシャー付き自転車だ。
みんな、あの自転車が欲しくて欲しくてたまらなかった。

「3丁目夕日」を観て、つまらなかったという人。
たぶん「20世紀少年」を観ても、きっとつまらないと思う。
40代の僕らが喜ぶ、リアルな「3丁目の夕日」だからだ。

アポロが月に行ったとき、朝方まで寝ないで観ていたTV中継。
みんなが行きたくても行けなかった、大阪万博。

2部のキーワードになるだろう、超能力のスプーン曲げ。
スプーン曲げといばユリ・ゲラーが有名だけど、
この20世紀少年のキモとなっているのは、
当時有名になった、スプーン曲げの関口少年やエスパー清田少年だ。

2人とも、超能力者と持ち上げられて、時の人となり、
ある時期からインチキ少年としてバッシングを受け、いじめられた。
そして姿を消し、20年近くたってから、
どちらも大麻の所持で逮捕され、皮肉な事に名前を思い出される。
いたな…そんな少年。

ビジュアル系のライブに乗り込んだケンジのつぶやき。
「こんなのロックじゃねえ」
そう、それは全て、僕ら20世紀少年のつぶやきでもあるのだ。

スポンサーサイト
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ